カテゴリー: 求人関連

16 6月

チームプレーで稼ぐ

セクキャバではチームプレーが重要

チームプレーセクキャバで働いている女性の多くは、キャバクラからの転職組と風俗からの転職組の2パターンがあります。
中には最初からセクキャバで働く女性もいますが少数派と言えます。
転職組の女性は、面接の際に「前の仕事とセクキャバの違いは何ですか?」という質問をすることがあります。
私は決まって「セクキャバはチームプレーが重要なお仕事です」と答えます。
この意味を知る為にも、まずはキャバクラや風俗は個人プレーが重要なお仕事であることから説明しましょう。

キャバクラや風俗で高収入を稼ぐ為には、徹底した個人プレーが重要になります。
それは主に業態のシステムに因るからです。
キャバクラや風俗の接客はお客さんと一対一の関係が基本です。
キャバクラは一人のお客さんに複数の女の子が付くんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、実際は一対一の関係になっているのです。
キャバクラ嬢には「指名キャスト」と「ヘルプ」の2つの役割があり、ヘルプはその名の通り補助役に過ぎず、どれだけ頑張って接客をしても指名キャストの売り上げにしかなりません。
風俗においては特別なコースで無い限り、お客さんと一対一の関係であることは分かりますよね。

反対に、セクキャバでは一人のお客さんに対して複数の女の子が順番に接客していく方法が一般的です。
もちろんセクキャバにも指名制度はありますが、キャバクラや風俗と比較すると指名数の多さはそれほどお給料の金額に影響しません。
限られた時間で決められたサービスを複数のお客さんに提供していくからこそ、女の子の中で役割分担をすることが可能になります。
誰しも得手不得手はありますから、自分の前に接客していた同僚の苦手な部分は自分がカバーしてあげることで、お客さんの満足度を上げることができます。
こうしてチーム全体でサービスの質を高めることができるシステムこそがセクキャバの特長になります。

チームプレーが前提となっているので、セクキャバでは長く働いている女性ほど同僚の性格や特徴を知ることができますので接客方法も有利に展開することができます。
女性社会では、勤続年数が長い女性は「お局」と呼ばれて煙たがられる存在になりがちですが、セクキャバ業界においては頼れる存在として重宝されます。
新人の女の子であっても、同僚の特徴を知ることと、自分が得意な役割を見つけることで居場所を見つけやすいのではないでしょうか。
個々のスキルアップも重要ではありますが、それよりもチームでポジティブに働ける環境を作ることの方がより重要となるのです。

全体主義だからこそ収入は控えめ

「個人プレー」や「チームプレー」は、そのまま「個人主義」や「全体主義」に置き換えられます。
そして、セクキャバは全体主義だからこそ、個人主義であるキャバクラや風俗と比べると収入面で見劣りがちです。
これは全体主義の宿命とも言えます。
しかし、個人の給料が突出するケースが少ない分、セクキャバ嬢の平均収入はキャバクラ嬢や風俗嬢よりも高いはずです。

プレゼント自慢例えば、有名キャバクラ嬢であれば月給が1500万円を超えたとか、月に1000万円を遣ったことがあるといったエピソードを聞くことがあります。
その他にもマンションを買ってもらったとか、誕生日プレゼントに高級車を貰ったとか、お客さんと一緒に海外旅行へ行ったという話も珍しくありません。
このような話を聞くと単純に「羨ましいなぁ」なんて思ったりもしますが、これらのお金は決してキャバクラ嬢としての収入ではありません。
お店から支払われるお金には「所得税」や「住民税」といった税金の手続きが済んでいますが、キャバクラ以外で手にした収入に対しての手続きは行われていません。
つまり、自分の裁量で資産を増やすことはできても、税金トラブルも一緒に付きまといます。
お店の管理を外れることは、高収入を稼ぐ上では魅力的ではありますが、リスクでもあるのです。

このように、一つの物事に対して良い言い方ができれば、悪い言い方もできます。
仮に自分の環境に不満を感じる部分があったとしても、大事なことは誰かと比べて判断するのではなく、自分の中の基準で判断をするべきなのだと思います。
「自分にとって望ましい環境であるのか」や「自分が稼ぎたい金額は具体的にいくらなのか」を考えて、現在の状況と照らし合わせてみることで自分を見失わずに目標へと近づくことができるのではないかと思います。

次回予告

次回はセクキャバ嬢によくある悩みについてお話ししたいと思います。
セクキャバに限らず、夜のお仕事をしていると昼夜が逆転した生活を続けることになるので、身体も心もバランスを崩しがちです。
セクキャバで働く女性には、どのような悩みの特徴があるのかを踏まえながら、健康的に働ける環境を考えてみたいと思います。

2 6月

お客さん用トイレから分かること

お客さん用のトイレを見たことはありますか?

スタッフ専用トイレセクキャバ嬢の皆さんは勤務中にトイレに行く際に、スタッフ専用のトイレを利用していると思います。
ところで、皆さんは自分が働いているお店の「お客さん用トイレ」の中を見たことがありますか?
「見たことがある」という人は、たとえベテランのセクキャバ嬢であっても、決して多くはいないのではないでしょうか。
まだ見たことが無い方は、是非これを機に自分のお店のお客さん用トイレを見てみてください。
そこにはきっと、皆さんが思っている以上にアメニティが並んでいることでしょう。
そして、良いお店であればあるほど、充実した備品が用意されているはずです。
基本的なチェックポイントとして、まずは「おしぼり」があるのは当たり前です。
もし、おしぼりが無いようでしたら、そのお店が優良店である確率がグッと下がります。
次に「マウスウォッシュ」と「制汗剤」や「消臭剤」があるかを確認しましょう。
ここまで揃っていれば、お店のスタッフがお客さんとセクキャバ嬢のことを充分に考えてくれていると思って大丈夫です。
こんな些細なことからも、お店の良し悪しを判断することは可能です。
これからセクキャバの面接を受ける方で、面接時間が営業時間外である場合は、タイミングを見計らってお客さん用のトイレを見せてもらえないか聞いてみるのも良いと思いますよ。

男性がアメニティを利用するきっかけ

アメニティグッズそれでは何故、セクキャバ店ではお客さん用のトイレに充実したアメニティが準備されているのでしょうか?
答えは簡単で、セクキャバのサービスではお客さんとセクキャバ嬢の身体的な距離が非常に近いからです。
男性というのは単純で、女性との身体的距離が近づくと途端に自分の臭いを気にし始めるものなのです。
昨今のサービス業界では、様々なアメニティが完備されていることが常識となっていますが、男性客におけるアメニティの利用頻度に関するアンケートでは、非常に分かりやすく面白いアンケート結果が出ています。
それは、男性にとってアメニティを利用する動機は、アメニティの内容ではなく場所に深く関係しているというものです。
皆さんもご存知のように、居酒屋やファーストフード店といった気軽さを売りにした低単価のお店であっても、おしぼりやマウスウォッシュといったアメニティが置かれていることは珍しくありません。
しかし、実際には男性客の多くが利用していないのが現実です。
女性にとっては意外かもしれませんが、総論として男性はアメニティを利用しないものなのです。
しかし、場所をカラオケボックスに限ると、男性であってもアメニティの利用頻度が格段に上がります。
この背景には、カラオケボックスのような個室では男女の関係に発展しやすいからではないかとの見方が強いです。
つまり、男性は女性とのキスやそれ以上の行為が具体的にイメージできるようになると、自分の「口臭や体臭が気になりだす」のです。
もちろん、この点は女性にも当てはまりますが、男性の場合の方がより顕著になるということです。

優良店か否かはスタッフの気遣いで分かる

スタッフの気遣いこの為、男性特有の自分の臭いに対する心理を理解しているお店であれば、必然的にアメニティも豊富に揃っていることになります。
この点は男性客への気遣いだけでなく、セクキャバ嬢への気遣いでもあります。
セクキャバではお客さんとキスをするケースもありますが、口臭が気になるからといってお客さんにマウスウォッシュの利用を強制することはできません。
セクキャバ嬢にとっては、男性客の口臭や体臭が気になるからといって接客を拒否することはできません。
だからこそ、お店ができる精一杯の対応として、お客さん用トイレにアメニティを準備しておくことで、利用を促しているのです。
つまり、お客さん用のトイレにアメニティが充実しているということは、お店のスタッフが女の子の働く環境をより良くしようと考えていることの表れであり、そのような気遣いができているお店であれば、給料や出勤スケジュールなどのその他の面においても気遣いをしてもらえる優良店である可能性が高まるのです。
あくまでも、入店前に優良店か否かを判断する一つの要素にしかなりませんが、参考にしてみてくださいね。

次回予告

次回はチームプレイの重要性についてお話したいと思います。
セクキャバは風俗業界では珍しい、チームプレイが重要なお仕事です。
接客の基本スタイルが個人プレイである「キャバクラ」や「風俗」と比較しながら、何故セクキャバの接客ではチームプレイが重要なのかを詳しくご紹介していきます。

18 5月

体験入店での確認事項

セクキャバにおける体験入店とは?

本入店と体験入店の違い風俗業などの夜のお仕事では、本入店と体験入店の2種類があるのが一般的です。
本入店とは面接を受けたお店に正式に入店することを指し、体験入店とは本入店の前に試しに働いてみて、サービス内容が自分のイメージ通りであるかや実際に働いていけるかを確認する期間になります。
体験入店を言い換えれば、試用期間や研修期間と考えても問題ありません。
ほぼ全てのセクキャバ店が体験入店制度を取り入れていると思いますので、必ず利用した方が良いと言えます。
何故ならセクキャバ業界においても、ごく稀に悪質店が存在するからです。
悪質店の特徴は、とにかく好条件を提示して女の子を採用することから始めます。
そして、契約内容に退店に対する厳しい罰則を設けていることが多いです。
その為、体験入店などの制度も設けずにすぐに入店するように勧めるのです。
そのまま働いてしまうと、実際のサービス内容が聞いていた話と違い、それを理由に辞めようとしても、契約内容を盾に女の子に厳しい罰金を催促します。
このような手口に引っ掛からない為にも、本入店前に必ず体験入店を試すことをお勧めします。

体験入店時のお給料

体入中は時給ダウンが一般的次に、体験入店時のお給料についてですが、一般的には本入店時のお給料より若干低めに設定されていると思っておいた方が良いでしょう。
もし、体験入店時のお給料が本入店時と変わらないお店があった場合には、以下の2パターンが考えられます。

1.女の子の待遇を最優先に考えてくれる優良店
2.最初から時給が低い

実際には1のケースは少ないと思いますので、2の話を中心にお話しします。
最初から時給が低いと言っても、いくら位が低い時給なのかは分かり辛いですよね。
時給の相場は地域差にもよりますが、一つの目安としては2,000円~3,000円であれば低いと考えてよいでしょう。
反対に考えると、体験入店時の時給がそのくらいになるということです。
時給が4,000円~5,000円くらいのお店も多くありますが、体験入店時には3,000円になると考えておいた方が無難です。
もし、体験入店時であっても時給が4,000円~5,000円であれば、優良店だと考えても良いと思います。

セクキャバの接客は簡単か?

誤解を招くかもしれませんが、セクキャバの接客は簡単と言えます。
セクキャバの基本的なサービス内容とは、お客さんとの会話とドリンクのお世話をし、1セット20分~40分の間に行われる「ダウンタイム」や「ハッスルタイム」という恋人さながらの密着サービスになります。
しかし、恋人さながらの密着サービスとはいえ、そこにはマニュアルがあります。
結局は男性客が入れ替わるだけで、サービス内容は画一的なものでしかないのです。

むしろセクキャバ嬢にとって一番大変な作業は客観性を保つことだと言えるでしょう。
お客さんは恋人ではありませんが、行為自体は恋人とするような内容になりますので、当然のように興奮などの感情の動きが起こります。
感情に身を任せて接客をしていれば、一人接客しただけで疲労も溜まりますし、1日や2日はどうにかなっても、長期間働くとなれば精神的にも疲労が蓄積されていきます。
だからといってビジネスライクに接客してしまっては、お客さんからの高評価を得ることは難しいでしょう。
その為にも、客観性を持って自分自身を演じることで、疲労を溜めずにお仕事をこなしていくことが必要になってくるのです。

映画館のような特別な空間を演出しかし、「客観性を持つ」ということは実際にやってみると難しいものです。
そこで、身近なサービスに置き換えることでイメージしやすくなると思います。
私がお勧めするのは「映画館」です。
皆さんも映画館で映画を観たことがあると思いますが、映画館には自宅で映画を観るのとは別物の魅力がありますよね。
迫力のある効果音を流す音響設備や、巨大スクリーンによる迫力のある映像などもありますが、外部から遮断された特別な空間で映画にだけ集中できる環境にこそお金を払う価値があるのではないでしょうか。
これはセクキャバにも通じる点だと思います。
お店の役割は「外部から遮断された特別な空間」を提供すること、セクキャバ嬢の役割はお客さんの意識を自分に集中させることに徹すれば良いと思います。
マニュアルに沿った接客を心掛けることで余計な考えを捨てて、お客さんがセクキャバ嬢と二人だけの世界に浸れるようにリードしてあげれば、良い結果に繋がるのではないでしょうか。

次回予告

次回は一旦趣向を変えて、セクキャバのアメニティから分かることについてお話ししたいと思います。
普段は何気なく使っているだけのお店のトイレやアメニティですが、そんな些細なものからも見えてくるものはあるのです。
一体どのようなことが分かるのかは、次回をお楽しみに。